“切り張り”のおかげ?で貴重記録残った 定家の明月記(朝日新聞)

【平安から鎌倉時代に活躍した歌人、藤原定家(1162~1241)の日記「明月記(めいげつき)」に記された天文学的に貴重な情報の部分は、自身の記述ではなく、陰陽師(おんみょうじ=天文博士)に調べさせた報告文をそのまま張った可能性が高いと天文学者が指摘している。陰陽師の元の資料は見つかっておらず、定家の「切り張り」のおかげで記録の紛失が免れたようだ。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/ASG7D66NRG7DULBJ00G.html