« 英訳:国費で支援、日本の魅力発信 対外広報で中韓に対抗(毎日新聞) | メイン | 人間文化研究機構、人名一覧表示システム(人名一覧)【『古事類苑』および芳賀矢一編『日本人名辞典』から抽出した近代以前の人物等の一覧中に、『日本人名辞典』に掲載されている「解説」を説明文として提示したシステム】を公開(カレントアウェアネス・ポータル) »

2014年7月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●"切り張り"のおかげ?で貴重記録残った 定家の明月記(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【平安から鎌倉時代に活躍した歌人、藤原定家(1162~1241)の日記「明月記(めいげつき)」に記された天文学的に貴重な情報の部分は、自身の記述ではなく、陰陽師(おんみょうじ=天文博士)に調べさせた報告文をそのまま張った可能性が高いと天文学者が指摘している。陰陽師の元の資料は見つかっておらず、定家の「切り張り」のおかげで記録の紛失が免れたようだ。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/ASG7D66NRG7DULBJ00G.html


●グーグル提供広告