« 香川県大手前中学・高等学校・教員公募要項(国語)(2014年07月28日から 2014年08月30日まで ) | メイン | 英訳:国費で支援、日本の魅力発信 対外広報で中韓に対抗(毎日新聞) »

2014年7月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介, 新刊案内

●ジュンク堂書店 池袋本店トークイベント●和田敦彦×大橋崇行「読書の歴史の問い方~何のために問い、何が分かるか~」動画が公開されました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

和田敦彦『読書の歴史を問う 書物と読者の近代』発売記念のトークイベントの動画が公開されました。ぜひご覧下さい。

○ジュンク堂ポッドキャストでは、音声も配信中。ダウンロードしてmp3プレイヤーなどでお聞き頂くことが可能です。
http://junkudo.seesaa.net/article/402803664.html

和田敦彦(早稲田大学教授)
大橋崇行(作家、岐阜工業高等専門学校助教)

書物がそこにあるということ、そして読者に届くということは、実は一つの驚きである。
そしてそれは調べ、考えるべき問いでもあるのだ。例えば、インターネット時代、読書の「いま」はどうなっているのだろうか。実は「昔」の読書を探ると、そこには多くのヒントや、考えるべき問いも溢れ出してくる。
本セッションでは、読者、あるいは読書の歴史をどうやって調べ、学んでいけばよいのか、何のためにそれを学び、そこからどういうことが分かるのかを、著者と、気鋭の作家であり、国文学研究者(明治文学)の大橋崇行氏とともに探っていきます。

70736_k.jpg

和田敦彦『読書の歴史を問う 書物と読者の近代』(笠間書院)
An Inquiry into The History of Reading: Readers and Print Culture in Modern Japan
ISBN978-4-305-70736-9 C0000
A5判・並製・カバー装・288頁
定価:本体1,900円(税別)
http://kasamashoin.jp/2014/06/post_2951.html

【講師紹介】
和田敦彦
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。
1965年生まれ。
著書に『読むいうこと』(ひつじ書房、1997年)、『メディアの中の読者』(ひつじ書房、2002年)、『書物の日米関係』(新曜社、2007年、日本図書館情報学会賞、日本出版学会賞、ゲスナー賞)、『越境する書物』(新曜社、2011年)。
編著として『読書論・読者論の地平』(若草書房、1999年)、『モダン都市文化 デパート』(ゆまに書房、2005年)『国定教科書はいかに売られたか』(ひつじ書房、2011年)。
2007年からリテラシー史研究会を主催、同年より機関誌『リテラシー史研究』(年刊)を刊行。

大橋崇行
作家、岐阜工業高等専門学校助教。
1978年生まれ。
ライトノベルに『妹がスーパー戦隊に就職しました』スマッシュ文庫(PHP研究所、2012年)、『桜坂恵理朱と13番目の魔女』(彩流社、2014年)。小説に『ライトノベルは好きですか?~ようこそ!ラノベ研究会』(雷鳥社、2013年)。評論に(共著)『ライトノベル研究序説』(青弓社、2009年)、『ライトノベル・スタディーズ』(青弓社、2013年)。校訂等に、山田美妙作・十川信介校訂『いちご姫・蝴蝶 他二篇』(岩波文庫、2011年11月※注釈を担当)、谷川惠一・大橋崇行校訂、解題『山田美妙集6巻』(臨川書店、2013年)。全国大学国語国文学会平成25(2013)年度「文学・語学」賞受賞(「美妙の〈翻訳〉ー「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」の試み」(『文学・語学』206集掲載))。


●グーグル提供広告