« 神奈川県立金沢文庫 月例講座「仏教美術逍遥〈絵画編〉」講師:梅沢 恵氏(金沢文庫 主任学芸員)(平成26年9月6日(土)※要申込) | メイン | 仙台文学館 街に出る文学 ライブ文学館 vol.14 死者の魂と語らうー京極夏彦を迎えて(2014年9月12日(金)) »

2014年7月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●北海道立近代美術館 特別展「徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」(2014年7月5日(土)〜8月24日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://event.hokkaido-np.co.jp/tokugawa/
--------------------

徳川美術館展
尾張徳川家の至宝

The Tokugawa Art Museum Collection: Treasures of the Owari Tokugawa Family

会期中休館日 Closed: 7/7, 14, 22, 28, 8/4, 11, 18
主催:北海道立近代美術館、北海道新聞社、テレビ北海道、徳川美術館

徳川家康の遺産を含む大名文化の精華約230件
北海道初公開!

尾張徳川家は、徳川家康の九男・義直(1600~1650年)を初代とする御三家筆頭の名門大名で、名古屋城を居城とし、江戸時代を通じて徳川将軍家に次ぐ家格を誇っていました。
本展では愛知県名古屋市にある徳川美術館が所蔵する尾張徳川家ゆかりの道具類から、太刀や鉄砲など武具類、茶の湯・香・能などの道具類、和歌や絵画・楽器など教養に関わる品々など大名家の歴史と格式を示す約230件の名品を紹介するほか、国宝「源氏物語絵巻」2場面(期間限定展示)と国宝「初音の調度」を展示します。

★本展では、一部作品を前期(7月5日~27日)・後期(7月29日~8月24日)で展示替えいたします。

★展覧会公式ホームページ

★徳川義崇氏(徳川美術館館長・第22代尾張徳川家当主)、四辻秀紀氏(徳川美術館副館長)による特別講演会など、関連事業はこちら。

★こちらもご覧ください
特別展示 
木彫り熊のルーツはここにあった!
~尾張徳川家と北海道八雲町の深いかかわり
主催:八雲町、北海道立近代美術館、北海道新聞社、テレビ北海道
北海道に大きな足跡を残した尾張徳川家17代徳川慶勝と19代徳川義親に関連した貴重な資料約30点を紹介します。

開館時間
9:30~17:00
会期中の金曜日は19:30まで。ただし7月18日(金)は21:00まで(入場は、各閉館時間の30分前まで)

休館日
月曜日(ただし7月21日は開館)、7月22日(火)

主催 北海道立近代美術館、北海道新聞社、テレビ北海道、徳川美術館
後援 北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、八雲町、八雲町教育委員会、北海道PTA連合会、北海道小学校長会、北海道中学校長会、北海道高等学校長協会、北海道私立中学高等学校協会、公益社団法人北海道私立専修学校各種学校連合会

観覧料(税込) 個人 前売・団体・リピーター
一般 1,300円 1,100円
高大生 700円 600円
中学生 500円 400円

*小学生以下は無料 (要保護者同伴)
*前売券発売所 7月4日(金)まで

北海道立近代美術館
道新プレイガイド
大丸プレイガイド(札幌市中央区南1西3・大丸藤井セントラル内)
北海道新聞各支社(北見、苫小牧は道新文化センター)
ローソンチケット(Lコード:17813)
セブン-イレブン(セブンコード:027-738)
サンクス・チケットぴあ(以上2店Pコード:766-042)
JR北海道の主な駅のみどりの窓口・ツインクルプラザ
*7月5日以降、ローソンチケット、セブン-イレブン、サンクス・チケットぴあ、JR北海道の主な駅のみどりの窓口・ツインクルプラザでは当日券を販売します。


●グーグル提供広告