« 第11回万葉古代学公開シンポジウム「仮面が語る芸能の世界」(平成26年度9月20日(土)、奈良県立万葉文化館【要申込】) | メイン | かごしま近代文学館・イーハトーヴ特別法廷 ≪宮沢賢治裁判≫への召喚状&村瀬士朗氏×小林潤司氏トーク(2014年8月10日(日)) »

2014年7月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第66回日本文学協会国語教育部会・夏期研究集会(2014年8月9日(土)~8月10日(日)、法政大学第二中・高等学校)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www3.ocn.ne.jp/~bungaku/whatsnew/2014_5kakikenkyuu.html
--------------------

テーマ 〈第三項〉と〈語り〉―ポスト・ポストモダンと文学教育の課題

日 時 8月9日(土)~8月10日(日)

会 場 法政大学第二中・高等学校
    〒211-0031 神奈川県川崎市中原区木月大町6-1
    JR・東急東横線 武蔵小杉駅下車徒歩15分
    地図URL http://www.hosei2.ed.jp/access.html

日 程
9日(土)
 12:00~ 受付開始
 13:00~ 開会挨拶 藤原和好(三重大学名誉教授)
 13:10~ 基調報告 大谷 哲(二松学舎大学非常勤他)

 14:00~ 講座(分科会)
  小学校分科会 「文学作品の教材価値」 司会 中村龍一(松蔭大学)
    藤原和好(三重大学名誉教授)
    田中 実(都留文科大学名誉教授)
  中学校分科会 司会 須貝千里(山梨大学)
    山中正樹(創価大学)
    佐野正俊(拓殖大学)「安東みきえ「星の花が振るころに」(光村「国語1」)の教材性について」
  高校分科会
    高野光男(都立産業技術高等専門学校)
 17:00 事務局連絡

10日(日)
 午前の部 9:00~12:00 実践報告(分科会)
  小学校分科会 司会 守田庸一(三重大学)
    佐藤久美子(江戸川区立小松川第二小学校)「おにたのぼうし~人間もいろいろいる」
    田木晃美(四日市市立下野小学校)「1年ハンス・ウイルヘルム『ずっとずっとだいすきだよ』」
  中学校分科会 司会 坂本まゆみ(北杜市立長坂中学校)
    望月理子(韮崎市立韮崎西中学校)
    篠原武志(洛星中学・高等学校)「『土神と狐』を中学生と読む」
  高校分科会
    酒井陽子(長野県松川高等学校)「『羅生門』授業報告」
    丸山義昭(新潟県立柏崎高校)「教室で読む村上春樹『鏡』の語り」

 午後の部 13:00~16:00
  シンポジウム 「教室における『〈第三項〉と〈語り〉』」
    司会 馬場重行(山形県立米沢女子短期大学)
    難波博孝(広島大学大学院)「近代(文学)と近代(教育)との相克」
    齋藤知也(自由の森学園中学校・高等学校)「『文学と教育の背馳と一致』をめぐって―読み手としての教師、聴き手としての教師、学び手としての教師―(仮)」
    山下航正(広島商船高等専門学校)「教室で文学を読むということ―〈他者〉、〈超越〉、そして「読むこと」―(仮)」
 16:00~ 講演 田近洵一(東京学芸大学名誉教授)
 17:20〜 閉会
      閉会挨拶 山田俊治(横浜市立大学)

参加費 全日参加 3000円(ただし、学生は2000円) 一日参加 1500円(学生は1000円)

注 意
 ・参加費は原則として前納でお願いします。
 ・下記の郵便口座にお振り込みの上、申込用紙を日本文学協会事務局宛にお送り下さい。
  口座番号 00160-7-23502 日本文学協会国語教育部会
 ・駐車場の用意はありません。お車での来場はご遠慮ください。
 ・宿泊は各自でお申し込みをお願いします。混み合うこともございますので、早めに申し込みください。
 ・一日目は終了後に懇親会を予定しております。

お問い合わせ 日本文学協会
       〒170-0005 豊島区南大塚2-17-10 TEL/FAX 03-3941-2740
       e-mail:bungaku1946@piano.ocn.ne.jp


●グーグル提供広告