『国語と国文学』平成26年7月号に、樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』の書評が掲載されました

『国語と国文学』平成26年7月号に、樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』の書評が掲載されました。評者は梅澤亜由美氏です。
●樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2012/11/post_2489.html