« こおりやま文学の森資料館 文学散歩「北茨城と勿来」の参加者募集(平成26年9月13日(土)) | メイン | 寺社縁起研究会・関東支部・第114回例会(2014年8月4日(月)、近畿大学東京センター 大会議室) »

2014年7月16日

 記事のカテゴリー : 書評・パブリシティ情報

●『国語と国文学』平成26年7月号に、樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』の書評が掲載されました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

『国語と国文学』平成26年7月号に、樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』の書評が掲載されました。評者は梅澤亜由美氏です。

●樫原修『「私」という方法 フィクションとしての私小説』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2012/11/post_2489.html


●グーグル提供広告