ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)「近世文人の世界―神辺に花開いた文化―」展(平成26年7月11日(金)~8月31日(日))【小財陽平(明治大学専任講師)氏講演「菅茶山と頼山陽-黄葉夕陽村舎詩草稿から-」8月9日(土)】

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.manabi.pref.hiroshima.lg.jp/rekishih/26_summer_top.html
●情報入手はこちら・にちぶんにっき
http://d.hatena.ne.jp/Wnichibun/20140716/1405482630
——————–
国重要文化財「菅茶山関係資料」指定記念 平成26年度夏の展示
会期 平成26年7月11日(金)~8月31日(日)
【「菅茶山関係資料」の国重要文化財指定を記念し,指定資料の中から,草稿・書籍・書跡・記録・絵画等,多彩な資料を展示します。
 菅茶山(1748~1827)は,江戸時代後期の儒学者・漢詩人・教育者で,備後国神辺に黄葉夕陽村舎(のちの廉塾)を開いて教育を行うとともに,優れた漢詩人として全国に知られ,漢詩集『黄葉夕陽村舎詩』は,当時のベストセラーになりました。
 当館では,菅茶山とその親族及び塾経営,文人の交流に関わる資料群を「黄葉夕陽文庫」と呼んでいます。そのうち,菅茶山にゆかりの資料が,このたび,「菅茶山関係資料」として,重要文化財の指定を受けることになりました。
 茶山本人や親族,親交のあった文人たちに関わるもの,廉塾の経営に関わる資料など,5,369点からなる資料群は,茶山の儒者,漢詩人としての思想・思索及びその形成過程を知ることのできる最も重要な資料であるとともに,茶山を中心とする近世の文人の交友を具体的に示す貴重な資料です。】
詳細は上記公式サイトで。