古代文学研究会・8月大会(2014年8月16日(土)~8月18日(月)、ホテル京都エミナース)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://kodaibungaku.seesaa.net/article/402675598.html

——————–
[日 程]2014年8月16日(土)~8月18日(月)
[会 場]ホテル京都エミナース
〒610-1143 京都市西京区大原野東境谷町2-4(洛西ニュータウン内)
TEL:075-332-5800 / FAX:075-332-6927
詳細は→http://k-eminence.com/
[発表者および発表題目]
8月16日(土)13:20~17:00

 マイヤズ・ミシェル「狭衣を拒否する女君―女二の宮をめぐって― 」
 山下太郎「歌物語の「り」と「たり」――「詠めり」と「詠みたり」――」
 フィットレル・アーロン「仏教文学の中の赤染衛門―法華経二十八品歌と維摩経十喩歌を中心に」
8月17日(日)9:00~12:00
 スエナガ・エウニセ・トモミ「浮舟―母娘の物語として読み直す」
 風岡むつみ「桐壺巻における場面と歌―「かぎりとて」の歌をめぐって―」
8月18日(月)9:00~12:00
 内藤英子「『源氏物語』における「中の衣」についての一考察」
 櫻井学「〈継子譚〉の話型と『源氏物語』匂宮三帖」