« 國學院大學 企画展「明治国学の展開と継承・発展ー井上頼囶没後100年記念展ー」(平成26年7月5日(土)~8月24日(日)) | メイン | 怪異学フォーラム「海といくさの物語」(2014年7月21日(祝・海の日)、園田学園女子大学 AVホール【入場無料】) »

2014年7月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東アジア恠異学会第93回定例研究会(2014年7月20日(日)、尼崎市文化財収蔵庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kaiigakkai.jp/invitation.html

--------------------

東アジア恠異学会第93回定例研究会
日時: 2014年7月20日(日)14:30〜(予定)
場所:尼崎市文化財収蔵庫 (兵庫県尼崎市南城内10番地の2)
  ※尼崎市の文化財見学のあと、部屋をお借りします。

内容:

○「皿屋敷伝承の諸相 --尼崎をはじめとした、各地の特殊な事例が持つ意味--」
 ー今井秀和氏(大東文化大学非常勤講師・蓮花寺佛教研究所研究員)

【要旨】
「皿屋敷」にまつわる伝承、あるいは、それと密接な関わりを持つ「お菊」などの下女の怨霊の伝承は、日本各地に分布しており、よく知られたものである。
しかし、それらの伝承が相互にどのような繋がりを持っているのかに関して、明確な見取り図を提示するのは容易な作業ではない。
本発表では、複雑な関係性で結ばれた全国の皿屋敷伝承のうち、特殊な内容を持つもの、とくに、尼崎をはじめとした各地の伝承に的を絞り、その意味する
ところについて考えてみたい。


○コメント「殖える恠異〜生物の大量発生をどう捉えたか〜」
島田尚幸氏(東海高校・中学教員)


※ 当日、尼崎市の怪異スポットを訪ねる見学会を予定しています。参加をご希望の方は阪神大物駅改札口に集合してください。
全行程は1時間前後を予定しておりますが、徒歩の移動になりますので、歩きやすい靴でおいでください。
なお、事前に事務局宛にメールでご一報くだされば幸いです。

集合日時:7月20日12:30 (時間厳守)
集合場所:阪神大物駅改札 (http://rail.hanshin.co.jp/station/daimotsu.html)
見学予定地:深正院、残念さんの墓、大物公園、大物神社、尼崎市文化財収蔵庫


●グーグル提供広告