« 立命館大学文学研究科文化情報学専修2014年度連続講演会第2回「デジタル技術が生み出す新たな文化効果 洛中洛外図屏風 舟木本編」(2014年7月30日(水)、立命館大学アート・リサーチセンター(衣笠キャンパス)) | メイン | 慶應義塾大学アート・センター 展示会「「武」を記録する」(2014年9月17日(水)〜10月3日(金)、文学部古文書室展II) »

2014年7月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●与謝野晶子文芸館 企画展「晶子さんからのおくりもの―ごめんなさい、教育しか残せなくて―」(2014年7月12日(土)~9月7日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://akiko.sakai-bunshin.com/tenji_shosai.jsp?id=1824439

--------------------

晶子さんからのおくりもの―ごめんなさい、教育しか残せなくて―

与謝野晶子に童話作家としての一面があったことは、一般的にはあまり知られていません。1907(明治40)年、30歳の時に初めての童話「金魚のお使」を「少女世界」に掲載以降、少女雑誌を中心に100篇以上の童話を発表しました。竹久夢二や川端龍子らの可愛らしい挿絵が付けられています。自分の子どもたちをのんびりと清く素直に、ひろく大きく楽天的に育てたいという願いに基づいて創作された童話は、のびのびとした物語の世界にいざなってくれます。晶子さんの願いは、わが子へ、多くの子どもたちへ、そして私たちへの贈り物として今なお読まれ続けているのです。

 本展では、晶子の童話が掲載された当時の少女雑誌を中心に、晶子の童話にたびたび登場するキャラクター「文ちゃん」について書かれた自筆ノート、晶子の書籍など約60点を展示し、晶子さんから子どもたちへの贈り物を紹介します。

開催期間 2014/07/12(土)~2014/09/07(日)
※期間中、展示替えあり。


●グーグル提供広告