金沢能楽美術館「異界と能シリーズⅠ 幽霊と能<実盛>」(2014年6月6日(金)~9月28日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/topic/293
——————–
【平家物語の木曽義仲との戦いで知られる齋藤別当実盛の亡霊が加賀国に現れ、それを諸国遊行の他阿弥上人が回向した応永21年(1414年)からちょうど600回忌にあたる記念すべき年。
このエピソードをいち早く取り入れドラマ化したのが能「実盛」であり、この世に想いを残して果てた武将の亡霊の無念の想いを聞いて鎮魂するという、修羅能の代表曲とされている。
「幽霊」という存在が、平安時代の「物の怪」という気配のようなものから、現在のイメージのように人の姿形を与えられた過程には、武将の亡霊を主人公にした<修羅能>が大きく関与していることは、一般にはあまり知られていない。
能「実盛」を通じて、日本人が異界の存在とどのように関わってきたか、また実盛ゆかりの多太神社や、実盛の首塚、首洗い池など地元に残る歴史的な謡跡を紹介する。】
【会  期】6月6日(金)~9月28日(日)
【休 館 日】月曜
      7月20日(祝・月)特別開館、翌日22日(火)を休館いたします。
      9月15日(祝・月)特別開館、翌日16日(火)を休館いたします。
【開館時間】10:00~18:00(最終入館は17:30)
【観 覧 料】一般・大学生300円、65歳以上200円、高校生以下無料