藤原重雄『史料としての猫絵』日本史リブレット 79 (山川出版社)

藤原重雄氏よりいただきました。
546910_s160.jpg
日本史リブレット 79
史料としての猫絵
価格:本体800円+税
解説:一枚の猫絵を事例に、そこに流れ込むイメージの歴史を解きほぐし、図像学から中世・近世の文化を透かし見る。史料としての絵画が語る歴史に耳を傾ける、その手の内を明かす。
○版元公式サイトはこちら
http://www.yamakawa.co.jp/product/detail/2294/
ISBN:978-4-634-54691-2
著者:藤原重雄=著
刊行:2014年5月
仕様:A5変型判 ・ 112頁
もくじ:
絵をみること
猫絵の導き
  一枚の刷物 - 歌川国芳画「鼠よけの猫」/賛もしくは口上書/
  猫の視線の先/モチーフが指示する行動/写実性を語るレトリック/
  鼠除けのまじない - 殿様の「新田猫」/
  養蚕綿絵と中国民間版画の猫絵/室町禅林の猫絵/清涼殿の猫障子/
  絵様・下絵・粉本/故実と絵画による考証/国芳の猫の絵/
  モチーフの型/歴史のなかの「鼠よけの猫」
首綱から放たれる
  猫の図像と歴史/「牡丹花下睡猫児」/文様に隠されたイメージ連鎖/
  蹴鞠との連想/『源氏物語』若菜上の絵画化/
  綱につながれて飼われる猫/
  渋川版『猫のさうし』の「猫放ち買い令」/猫盗み・売買の禁止令/
  猫飼育の禁令/別本『鼠のさうし』/
  鼠狩りへの動員,貸借,迷い猫/江戸時代の日記から/
  犬にくわれる猫
図像と歴史
メッセージ・あとがき:
近年とみに人気が高まっている歌川国芳による猫の浮世絵。それらは「猫好き」でなければ愉しめないものなのか。一枚の絵に流れ込むさまざまな水脈を解きほぐし,猫絵の図像学から,中世・近世の社会や文化を透かし見る。史料としての絵画が語る歴史に耳を傾ける,その手の内を明かします。