« 『現代文学史研究』第20集(現代文学史研究所) | メイン | 文芸評論家の佐古純一郎さん死去(朝日新聞) »

2014年6月 6日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『北村透谷研究』第25号(2014年6月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北村透谷研究会 鈴木一正氏からいただきました。

tokoku25.jpg

A5判・並製・70頁
2014.6.7発行

【目次】

北村透谷研究会 会則
『蓬莱曲』再考--「オルフェウス的主題」を巡って/堀部茂樹
「蓬莱曲」注釈の〈補注〉において引用を省略した「マンフレッド」の原文/佐藤善也
校本北村透谷集/橋詰静子
透谷と村上春樹その他/近況報告/平岡敏夫
透谷と明石/川崎司
石阪公歴と富樫新三郎--カリフォルニア日本人移民社会のなかで/尾西康充
小澤勝美『透谷・漱石と近代日本文学』を読む--内包する志とロマン--/槙林滉二
'Annihilation'と'Self'の間--北村透谷「人生に相捗るとは何の謂ぞ」を基点にして〈第41回北村透谷研究会全国大会発表要旨〉/菊池有希
北村透谷「我牢獄」参考文献目録/鈴木一正
第四十一回・第四十二回北村透谷研究会全国大会プログラム
事務局だより/永渕朋枝・鈴木一正
編集後記/橋詰静子

●研究会事務局
〒161-8539
東京都新宿区中落合4-31-1
目白大学社会学部 橋詰静子研究室内
電話 03-5996-3139


●グーグル提供広告