« 日本出版学会 2014年度 第1回出版史研究部会「戦場での読書行為―陸軍発行慰問雑誌の比較を通して―」報告者:中野綾子氏(2014年7月5日(土)、國學院大學渋谷キャンパス) | メイン | 『北村透谷研究』第25号(2014年6月) »

2014年6月 6日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『現代文学史研究』第20集(現代文学史研究所)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

現代文学史研究所さまよりいただきました。

1883-1613-20.jpg

『現代文学史研究 第20集』
A5判・144頁
2014.6.1発行

発行所・現代文学史研究所
〒215-0027
神奈川県川崎市麻生区岡上125-4
電話・fax 044-986-3760

現代文学史研究所○ブログはこちら

▼目次

特集:昭和文学の位相

所謂「第三の新人」論Ⅰ--服部達と安岡章太郎/大久保典夫
三島由紀夫の入隊検査/佐藤秀明
小説に描かれた「三島由紀夫」覚書/岡山典弘
「文字禍」論--昭和文学受容の一端として/宮崎裕介
折口信夫『死者の書』の文体についてのノート/岩田真志
大林清「マライの虎」論--谷豊とイギリス軍の降伏のこと--/根本正義
私小説をめぐって/勝又浩
一時代の終焉、現実と散文の変質--「季刊文科」の場から/松本徹
切実さをめぐって/細谷博
言わねばならぬこと/渡邊澄子
表現ということ/高山京子
震災後文学論序説--芥川龍之介・川端康成・梶井基次郎/野中潤


●グーグル提供広告