« 第110回 訓点語学会研究発表会(平成26年5月25日(日)、京都大学文学部(第3講義室)) | メイン | 笠間書院のメールマガジン [181号]刊行しました »

2014年5月23日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●宮島達夫・鈴木泰・石井久雄・安部清哉編『日本古典対照分類語彙表』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

6月下旬の刊行予定です。

70700_k.jpg

宮島達夫・鈴木泰・石井久雄・安部清哉編
『日本古典対照分類語彙表』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70700-0 C3081
定価:本体9,000円(税別)
B5判・上製・函入・1150頁
付録CD・別冊解説書付

主だった古典作品の中でどの単語が何回ずつ使われているか。
意味とともに一覧できる、至便の書。

本書は、宮島達夫『古典対照語い表』(1971年、笠間書院発行)の改訂増補版である。
『古典対照語い表』は、主だった古典作品の中でどの単語が何回ずつ使われているかを表にし、かつ漢語・和語を峻別したものであったが、今回のものはそれに加え、すべての単語に国立国語研究所編『分類語彙表』(増補改訂版、2004年)の分類番号を追記して、個々の単語がもつ性格も即座に識別できるようにした。

また旧版の『古典対照語い表』は徒然草・方丈記・大鏡・更級日記・紫式部日記・源氏物語・枕草子・蜻蛉日記・後撰和歌集・土左日記・古今和歌集・伊勢物語・竹取物語・万葉集の14作品を対象としていたが、これに平家物語・宇治拾遺物語・新古今和歌集の3作品を追加して17作品とし、平安作品と徒然草とのあいだの空白を埋める。

今回の本には、本書に印刷されたすべてを、エクセル・ファイルでも提供する。これに加えて、簡単な集計をした出現頻度配列語彙表・意味分類配列語彙表などのファイルも提供する。『分類語彙表』の意味分類項目の一覧もCDに収録している。

別冊には宮島達夫「古典の統計と意味」と小木曽智信「Excelによる『日本古典対照分類語彙表』データの活用」を収載。
前者は、語種や頻度などを統計した結果を示す。また、今回新たに加えた「意味分類」について特にとりあげ、古典における意味のありかたを見る。後者は、エクセルでデータをあつかう初歩を記している。

■パンフレットはこちらからダウンロードできます。
http://kasamashoin.jp/shoten/goihyo.pdf

■別冊をインターネット公開(PDF)
○古典語の統計と意味...宮島達夫
http://kasamashoin.jp/shoten/miyajima.pdf

○Excelによる『日本古典対照分類語彙表』データの活用...小木曽智信(国立国語研究所准教授)
http://kasamashoin.jp/shoten/togiso.pdf

【作品本文およびその用語の意味解釈】

おおむね、次の索引が採用したものを尊重し、独自の方針によって調整した。

古典索引刊行会『万葉集索引』(2003年、塙書房刊)
山田忠雄『竹取物語総索引』(1958年、武蔵野書院刊)
伴 久美「伊勢物語に就きての研究 索引篇」(大津有一編『伊勢物語に就きての研究』所収)(1961年、有精堂出版刊)
西下経一・滝沢貞夫『古今集総索引』(1958年、明治書院刊)
日本大学文理学部国文学研究室『土左日記総索引』(1967年、桜楓社刊)
大阪女子大学国文学研究室『後撰和歌集総索引』(1965年、大阪女子大学刊)
佐伯梅友・伊牟田経久『かげろふ日記総索引』(1963年、風間書房刊)
榊原邦彦・武山隆昭・塚原清・藤掛和美『枕草子総索引』(1967年、右文書院刊)
池田亀鑑『源氏物語大成 索引篇』(1953年、中央公論社刊)
東京教育大学中古文学研究部会『紫式部日記用語索引』(1956年、日本学術振興会刊)
東節夫・塚原鉄雄・前田欣吾『更級日記総索引』(1956年、武蔵野書院刊)
秋葉安太郎「校本大鏡総索引」(『大鏡の研究 上巻 本文篇』所収)(1960年、桜楓社刊)
滝沢貞夫『新古今集総索引』(1970年、明治書院刊)
青木伶子『方丈記総索引』(1965年、武蔵野書院刊)
増田繁夫・長野照子『宇治拾遺物語総索引』(1975年、清文堂出版刊)
近藤政美・武山隆昭・近藤三佐子『平家物語語彙用例総索引』(1996年、勉誠社刊)
時枝誠記『徒然草総索引』(1955年、至文堂刊)

このうち万葉集だけは旧版では正宗敦夫『万葉集総索引』によったが新版では古典索引刊行会の索引に切りかえた。

【分類番号について】
すべての単語に国立国語研究所編『分類語彙表』(増補改訂版、2004年)の分類番号を記した。
『分類語彙表』は品詞と意味分野とを組み合わせた形になっている。
品詞としては体の類(名詞)・用の類(動詞)・相の類(形容詞・副詞)・その他の類(接続詞・感動詞など)があり、これに意味分野として
  抽象的関係
  人間関係の主体
  人間活動−精神および行為
  生産物および用具
  自然物および自然現象
が組み合わさる。
分類番号については、CDにて分類番号順語彙一覧を見ることができる。分類項目・番号の全体については、その凡例を参照されたい。一つ一つの項目・番号に古典のどのような語句が属し、また現代のどのような語句が属するかということを、その一覧によって知ることができる。分類番号順語彙表も添えてあるので、それによって具体的なことを承知してほしい。

たとえば「菓子」の番号は1.4340である。[1.]は「名詞」、[1.4]は「生産物および用具」、[1.43]は「食料」をあらわす。14340を検索すると(表では検索をかんたんにするためにピリオドを略してある)、「あをざし(青插)」「かさなりちまき(重粽)」「つばいもちひ(椿餅)」「ふずく(粉熟)」「へいだん(餅餤)」がえられる。(単独の「ちまき」は用例がなく、「かいもちひ」「もちひ」は「料理」にある。)

-----------
■著者紹介

宮島達夫(みやじま たつお)
1931年、茨城県水海道町(現・常総市)生まれ。1953年、東京大学卒業。国 立国語研究所勤務ののち、1991年より大阪大学教授、1995年より京都橘大学 教授、2009年退任。国立国語研究所名誉所員。
主要著書
『単語指導ノート』(むぎ書房 1968年) 『古典対照語い表』(笠間書院 1971年) 『動詞の意味・用法の記述的研究』(国立国語研究所報告43 秀英出版 1972年) 『類義語辞典』(共編 東京堂出版 1972年) 『専門語の諸問題』(国立国語研究所報告68 秀英出版 1981年) 『角川小辞典 図説日本語』(共編 角川書店 1982年) 『雑誌用語の変遷』(国立国語研究所報告89 秀英出版 1987年) 『フロッピー版古典対照語い表および使用法』(共編 笠間書院 1989年) 『語彙論研究』(むぎ書房 1994年) 『現代雑誌九十種の用語用字 全語彙・表記』(国立国語研究所言語処理データ集7 三省堂 1997年) 『「長塚節「土」会話部分の標準語訳と方言による朗読』(編集 「環太平洋の言語」成果報告書 大阪学院大学情報学部 2003年)

鈴木 泰(すずき たい)
1945年生まれ。専修大学教授。東京大学名誉教授。

石井久雄(いしい ひさお)
1950年生まれ。同志社大学教授。国立国語研究所名誉所員。

安部清哉(あべ せいや)
1958年生まれ。学習院大学教授。

-----------

ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70700-0.html
または、直接小社まで、メールでinfo@kasamashoin.co.jpご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】

・凡例
・あ〜を

○別冊
『古典語の統計と意味(宮島達夫)/ Excel による『日本古典対照分類語彙表』データの活用(小木曽智信)』

○付録CD
・日本古典対照分類語彙表.xls
・日本古典対照分類語彙表.xlsx
・凡例.奥付.pdf
・古典語の統計と意味.pdf
・Excelによる『日本古典対照分類語彙表』データの活用.pdf
・解説.pdf
・古典語彙表.csv
・古典語彙表.accdb
・古典語彙表.tbl
・古典語彙表.xlsx
・古典語彙表.かな反転配列.xlsx
・古典語彙表.出現頻度配列.xlsx
・古典語彙表.意味分類配列.xlsx
・古典語彙表.比率.xlsx
・古典語彙表.順位.xlsx
・古典語彙表.範囲.xlsx
・古典分類語彙表.現代語彙追記.pdf
・古典分類語彙表.現代語彙追記.古典原稿.xlsx
・古典分類語彙表.pdf
・古典語彙表.漢字一覧.xlsx
・古典語彙表.基本集計.xlsx
・古典語彙表.出現頻度分布.xlsx
・古典語彙表.意味分類分布.xlsx


●グーグル提供広告