« 河鍋暁斎記念美術館 企画展「妖怪図-奇々怪々あやしの世界-展」(2014年5月2日(金)~6月25日(水)) | メイン | 古辞書研究会編『日本語と辞書 第十九輯』(古辞書研究会発行) »

2014年5月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小川靖彦『万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史』(角川選書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

小川靖彦氏よりいただきました。

04-703539-3.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.kadokawa.co.jp/product/321301000002/

万葉集と日本人
読み継がれる千二百年の歴史
『万葉集』は、なぜ1200年も日本人を魅了し続けるのか?
著者: 小川靖彦

八世紀末の成立から千二百年。紫式部、藤原定家、佐佐木信綱らが読んだそれぞれの時代の万葉集は、どのようなものだったのか。その読み方に現われる日本人のこころの歴史をたどり、万葉集の魅力に迫る。

発売日:2014年04月23日
電子書籍配信日:2014年05月15日
定価(税込): 1728円
四六判
ISBN 978-4-04-703539-3-C0392
角川学芸出版


●グーグル提供広告