« 伊藤鉄也編『日本古典文学翻訳事典1〈英語改訂編〉』(国文学研究資料館) | メイン | 高山知明『日本語音韻史の動的諸相と蜆縮涼鼓集(けんしゅくりょうこしゅう)』(笠間書院) »

2014年5月 7日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●廣田收・横井孝・久保田孝夫『紫式部集からの挑発 私家集研究の方法を模索して』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

5月下旬の刊行予定です。

70729_k.jpg

廣田收・横井孝・久保田孝夫
『紫式部集からの挑発 私家集研究の方法を模索して』(笠間書院)

ISBN978-4-305-70729-1 C0092
A5判・上製・カバー装・238頁
定価:本体5,500円(税別)

伝記資料ではなくひとつの作品として『紫式部集』に挑む。

個の作品としての研究が手薄い
紫式部の私家集『紫式部集』。
未解決課題の数々を再検証する。

『紫式部集』研究の現状と課題を
歯に衣着せず語り尽くす、鼎談も収録!

【『紫式部集』は、かつては伝記研究の資料としてあつかわれるところに研究の端緒があった。本集をその束縛から解き放ち、ひとつの「作品」として対象化したいというのが、かねてから著者三人に共通する願いであった。(中略)ここであつかった問題点は、前人未踏というわけではない。ただ、いずれも諸家の見解が噛みあわなかったり、なおざりにされたりして、議論が深まっていなかったものである。これらの課題群を著者三人が分担して、あらためて検証してみることとしたのが本書である。......「まえがき」より】

-----------
■著者紹介

著者紹介

廣田 收 (ひろた おさむ)
略 歴 1949年 大阪府豊中市生まれ。
    1976年 同志社大学大学院修士課程修了
    現  在 同志社大学文学部教授・博士 (国文学)
主要著書
    『『宇治拾遺物語』 表現の研究』(笠間書院 2003年2月)
    『『宇治拾遺物語』 「世俗説話」 の研究』(笠間書院 2004年10月)
    『『源氏物語』 系譜と構造』(笠間書院 2007年3月)
    『家集の中の 「紫式部」』(新典社 2012年9月)
    『『紫式部集』 歌の場と表現』(笠間書院 2012年10月)

横井 孝 (よこい たかし)
略 歴 1949年 東京都世田谷区生まれ。
    1977年 駒澤大学大学院博士課程満期退学
    現  在 実践女子大学文学部教授・文学修士
主要著書
    『〈女の物語〉のながれ―古代後期小説史論』(加藤中道館 1984年10月)
    『円環としての源氏物語』(新典社 1999年5月)
    『源氏物語の風景』(武蔵野書院 2013年5月)

久保田 孝夫 (くぼた たかお)
略 歴 1950年 北海道旭川市生まれ。
    1974年 同志社大学大学院修士課程修了
    現  在 大阪成蹊短期大学グローバルコミュニケーション学科教授・文学修士
主要著書
    『松浦宮物語』 (共)(翰林書房 1996年3月)
    『淀川の文化と文学』 (共)(和泉書院 2001年12月)
    『紫式部の方法』 (共)(笠間書院 2002年11月)

-----------
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70729-1.html
または、直接小社まで、メールでinfo@kasamashoin.co.jpご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】

 まえがき

1 『紫式部集』 左注とは何か
   ―謎解きと跨ぎの機能―

2 『紫式部集』 四番・五番歌の解釈追考
   ―「女はらから」 に対する垣間見と求婚―

3 『紫式部集』 における哀傷
   ―贈答歌の中の追悼―

4 『紫式部集』 日記歌の意義
   ―照らし返される家集本体とは何か―

5 『紫式部集』 の末尾
   ―作品の終局とは何か―

6 『紫式部集』 における定家本とは何か
   ―表記からの展望―

7 帥宮追悼歌群における和泉式部の和歌の特質
   ―表現形式をめぐる紫式部の詠歌法との違い―

8 『紫式部集』 の中世

9 鼎談 『紫式部集』 研究の現状と課題Ⅰ

10 鼎談 『紫式部集』 研究の現状と課題Ⅱ

11 紫式部・紫式部集研究年表 (補遺稿)

 あとがき


●グーグル提供広告