« 駒澤大学文学部歴史学科・駒沢史学会、シンポジウム「幕末期 中・日・米国間の交流における先駆者-羅森研究-」(平成26年5月21日(水)、駒沢キャンパス 中央講堂) | メイン | CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第27回「戦時、日中映画のモダニズムとジェンダー」(2014年6月13日(金曜日)) »

2014年5月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●Google、教員を支援するためのツール「Classroom」を発表(slashdot)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【Googleが教員を支援するためのツール「Classroom」のプレビュー版を公開した(Google公式ブログ、CNET Japan、IRORIO、slashdot)。

Classroomは学校教育における日常業務の簡素化に特化したものとなっており、「Google Apps for Education」の一部として提供される予定。Google Apps for Educationは、電子メール、カレンダー、ドキュメント作成などのおなじみのアプリを提供するスイートだが、生徒と教員向けに作られている。Google DriveやGmailと連動させ、ペーパーレスで課題を作成・回収できる機能などを備えているそうだ。】
つづきはこちらから。slashdot Japan。
http://it.slashdot.jp/story/14/05/12/0558238/


●グーグル提供広告