« 忍者研究:漫画など題材に忍者像の変遷に迫る(毎日新聞)【山田雄司氏、小社・西内のコメントあり】 | メイン | 第279回 日文研フォーラム「祇園祭について、あらためて考えよう」(2014年6月10日(火)、ハートピア京都) »

2014年5月20日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●前田雅之『古典論考―日本という視座』(新典社研究叢書 258)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

前田雅之氏よりいただきました。

31sN2Nxm4uL._SL500_AA300_.jpg

出版社: 新典社 (2014/5/15)
ISBN-13: 978-4787942586
発売日: 2014/5/15

Amazonで買う

前田 雅之 (まえだ まさゆき)
1954年9月8日 下関市に生まれる
1979年3月 早稲田大学教育学部国語国文科卒業
1987年3月 早稲田大学大学院日本文学専攻博士後期課程退学
学位 博士 (文学)
現職 明星大学人文学部日本文化学科教授
著書 『今昔物語集の世界構想』 (1999年, 笠間書院)
『記憶の帝国 【終わった時代の古典論】』 (2004年, 右文書院)
『古典的思考』 (2011年, 笠間書院)
編著 『中世文学と隣接諸学5 中世の学芸と古典注釈』 (2011年, 竹林舎)
『もう一つの古典知―前近代日本の知の可能性』 (2012年, 勉誠出版)
『高校生からの古典読本』 (2012年, 平凡社ライブラリー)
論文 「反動的な古典との出会い」 (『日本文学』, 2010年)
「文芸知のもつ力―知と財が融合する時」 (『生活と文化の歴史学3 富裕と貧困』, 2013年, 竹林舎), 他多数


【目次】
はじめに

I 説話
1 説話の構造
2 説話の「正しい」教え方
3 〈古代〉=「聖の時代」再考―『今昔物語集』本朝「世俗部」の破綻をめぐって―
4 《古本説話集》―書名・編者名不明の説話集―
5 中世説話集の神々―天竺震旦仏法衰退認識と神々―
6 『神明説話集』―『日吉山王利生記』の場合―
7 箱根権現の縁起

II 日記・紀行・東国
1 『讃岐典侍日記』の内的構造―《時間》・《引用》・《他者》をめぐって―
2 三国思想の成立と日本海
3 慈覚大師円仁『入唐求法巡礼行記』―行記・求法・巡礼・信仰―
4 大江広元年譜考
5 「東」・「東国」への視線―〈見られた〉像を見ること―

III 仏法・和漢・三国
1 「香山」考―宗教的公的空間ないしは聖地の変容―
2 三国観
3 和漢と三国―古代・中世における世界像と日本―
4 中古・中世における「日本意識」の表象―和歌・〈日本〉・起源―
5 三国の変貌―普遍と個別の反転現象をめぐって―
6 高麗人の相・倭相・宿曜―相対化される観相―
初出一覧
あとがき
索引


●グーグル提供広告