« 中古文学会関西部会 第37回例会(平成26年6月21日(土)、神戸女子大学 三宮キャンパス) | メイン | 物語研究会 6月例会(2014年6月21日(土)、立教大学池袋キャンパス) »

2014年5月30日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本, 書評・パブリシティ情報

●美夫君志会・萬葉研究誌『美夫君志』88号・ディヴィッド・ルーリー著・青山学院大学文学部日本文学科編『世界の文字史と『万葉集』』他 紹介されました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

美夫君志会さまよりいただきました。

mihukusi80.jpg

万葉集研究誌「美夫君志」88号
美夫君志會
平成26年3月31日発行

【目次】

万葉のアシ・オギとススキ(オバナ)前篇/木下武司
 --万葉人はどう区別したか--
萬葉集巻七の配列/山﨑健司
 --諸本間の異同をめぐって--
多変量解析を用いた万葉短歌の声調外在化について/村田右富実・川野秀一
大伴坂上郎女の「祭神歌」/井ノ口史

※頒価 2,200円

------------------------------------
●お問い合わせはこちらへ

〒466-8666
名古屋市昭和区八事本町101-2
中京大学文学部日本文学研究室内
美夫君志会
------------------------------------

下記書籍が紹介されました。評者はそれぞれ、松田浩氏、佐藤隆氏です。

●ディヴィッド・ルーリー著・青山学院大学文学部日本文学科編『世界の文字史と『万葉集』』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2013/03/post_2561.html
●東茂美『古代の暦で楽しむ 万葉集の春夏秋冬』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2013/10/post_2741.html


●グーグル提供広告