『京都大学 国文学論叢』第31号

京都大学国文学論叢編集部さまよりいただきました。
1345-1723-31.jpg
●バックナンバーはこちら(京都大学学術情報リポジトリ KURENAI)
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bulletin/kokubungaku
『京都大学 国文学論叢』第31号
2014年3月・A5判・108ページ
【目次】
一条兼良『藤河の記』の漢籍利用/中村健史
 –鳳のあぶりもの、麟のほしじ–
幸田露伴『暴風裏花』の原話/須田千里
菊池寛「恩讐の彼方に」の改作について/田鎖数馬
『蒙求』第三類本 本文〈三〉 –哀傷部から雑部–
 /阿尾あすか・小山順子・竹島一希・蔦清行
 中島真理・濱中祐子・森田貴之・中山延之
平成二十五年度 京都大学国文学会 研究発表要旨
漱石『虞美人草』(十八)におけるメレディスの引用について/小鹿原敏夫
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院文学研究科 
国語学国文学研究室内「国文学論叢」編集部