« シンポジウム「これからの大学を考える──学校教育法改正案の問題点と大学改革のゆくえ」(2014年5月31日(土)16:00〜、明治大学・駿河台キャンパス リバティタワー16階1163教室) | メイン | 平成26年度 第2回企画展「『写真週報』 ―広報誌にみる戦時のくらし―」(平成26年7月26日(土)~9月13日(土)) »

2014年5月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●全国大学国語国文学会平成25(2013)年度「文学・語学」賞に、大橋崇行氏「美妙の〈翻訳〉 ー「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」の試み」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

全国大学国語国文学会は、【年度毎に『文学・語学』に掲載された若手の投稿論文の中から、最も優れたものと見なされる論考に対して、文学・語学賞を授与】していますが、平成25(2013)年度「文学・語学」賞に、大橋崇行氏「美妙の〈翻訳〉 ー「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」の試み」(『文学・語学』206集)が選ばれたとのことです。
公式サイトには、まだ告知がありませんが、第一報です。

●全国大学国語国文学会
http://www.nacos.com/kokubun/


●グーグル提供広告