« 井上泰至・田中康二編『江戸文学を選び直す 現代語訳付き名文案内』(笠間書院) | メイン | リポート笠間56号[【巻頭インタビュー】国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」 いよいよスタート! ◉今西祐一郎×山本和明]、先行全文PDF一挙公開 »

2014年5月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●実践女子大学 展覧会「宮廷の華 源氏物語」(2014年6月7日(土)~6月10日(火))・シンポジウム「源氏物語と古筆切」(6月7日(土))・講演「王朝の薫と装束」(6月8日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示・講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jissen.ac.jp/school/measure/memorial/event/genji.html
●チラシはこちら(PDF)
http://www.jissen.ac.jp/school/measure/memorial/event/vpbrbb000000hjih-att/genji_tirasshi.pdf
--------------------

宮廷の華 源氏物語

創立120周年整備事業1期渋谷校地整備計画完成記念行事の一環として、「宮廷の華 源氏物語」と題した展示・シンポジウム等を開催いたします。
6月8日(日)の講演では、「源氏物語」に登場したお香を復元したものをご鑑賞いただくほか、「源氏物語」にちなんだ十二単のお服上げの実演が行われます。また束帯と十二単を実際に見ながら過去と現代の皇室の着装の違いについて、解説を行います。

展覧会 宮廷の華

『源氏物語』に対する関心が深かった学祖下田歌子-。『源氏物語』を中心とした日本文学研究は本学の特色ともいえ、下田没後も室町期を中心とした写本群の収集、さらに近年は30年先の研究を見越し、鎌倉期の古筆収集に努めてきました。
本展覧会ではそれら資料を披露するとともに、『源氏物語』にまつわるお香、王朝の装束などを展示します。

日時 2014年6月7日(土)~6月10日(火)
   10:00~17:00(最終日10:00~16:00)
場所 実践女子大学・実践女子大学短期大学部
   渋谷キャンパス 創立120周年記念館1階

源氏物語と古筆切

源氏物語、古筆切、和歌などの研究の専門家をパネリストにお迎えし、「実践女子大学と源氏物語・古筆切」をテーマにお話を伺います。

日時 2014年6月7日(土)
   13:00~17:00
場所 実践女子大学・実践女子大学短期大学部
   渋谷キャンパス 創立120周年記念館4階403教室

パネリスト 関西大学教授    田中登氏
      國學院大學副学長  針本正行氏
      青山学院大学教授  高田祐彦氏
      出光美術館学芸員  別府節子氏
      実践女子大学教授  横井孝氏     

※当日は実践女子学園中学校高等学校茶道部の生徒がたてたお茶とお菓子用意し、お待ちしています。

講演 王朝の薫と装束

組香 源氏香

御家流香道 師範 小畑洋子氏
『源氏物語』に登場したお香を復元したものを鑑賞していただきます。

王朝の装束 ‐古(いにしえ)と今‐

衣紋道髙倉流 本部教授 永井とも子氏
『源氏物語』にちなんだ束帯と十二単の過去と現代の違いを、実際に着装した姿をご覧いただきながら解説します。
 ※現代の十二単については、お服上げの実演をいたします。

日時 2014年6月8日(日)
   13:00~15:30
場所 実践女子学園中学校高等学校
   桃夭館 桜講堂

主催:実践女子大学
協力:御家流香道 衣紋道髙倉流 薬師寺 NPO法人有職文化研究所 NPO法人インターナショナル儀礼文化教育研究所 香十 青山ゑり華

お問い合わせ:実践女子大学庶務課 TEL 03-6450-6833


●グーグル提供広告