東京外国語大学総合文化研究所『総合文化研究』17

東京外国語大学総合文化研究所さまよりいただきました。
sogobunka17.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ics/
東京外国語大学総合文化研究所『総合文化研究』17
2013年3月19日発行
責任編集 和田忠彦
【目次】
特集 感覚の組織化
巻頭言
ペルシア語に見る「共感覚Hiss-amizi」の諸相/藤井守男
 –ジャラールッディーン・モハンマド・バルヒー・ルーミー Jalal al-Din Muhammad Balkhi Rumi(一二七三年没)の詩作を読み解くための一つの視点
記憶のオセロゲーム/武田千春
 –『ドン・カズムッホ』と自伝的記憶
「非我」のなかの「真」/柴田勝二
 –『三四郎』『それから』の「空気」と「気分」
事象との邂逅/陶山大一郎
 –竹中郁の初期詩篇における感覚についての断片的覚書
報告
「もっと海を!」Mehr Meer–ヨーロッパで多言語世界の文学を考える
対談・朗読 イルマ・ラクーザ×多和田葉子
 /山口裕之
新刊紹介
アントニオ・タブッキ著/和田忠彦訳『夢の中の夢』
 夢の帰属/石井沙和
武田千香著『千鳥足の弁証法–マシャード文学から読み解くブラジル』
 サンバを踊る哲学/福嶋伸洋