« 東洋大学日本文学文化学会『日本文学文化』第13号 | メイン | 岸元史明著『平安京地名探検 一 愛宕郡北区(左京区・北区)』 »

2014年4月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●日本大学国文学会『語文』第百四十八輯

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

日本大学国文学会さまよりいただきました。

0286-3464-148.jpg

日本大学国文学会『語文』第百四十八輯
A5判・並製・58頁
平成26年3月25日発行

●お問い合わせ
〒156−8550
東京都世田谷区桜上水三ー二五ー四〇
日本大学文理学部国文学科事務室内 日本大学国文学会『語文』編集委員会

【目次】

〈論文〉
国語教科書の中の『万葉集』/梶川信行
 --高等学校「国語総合」を例として--
『貴言為孝記』に見る『東照宮御遺訓』の顚化/倉員正江
 --福島正則改易と越後騒動を中心に--
幽霊たちの記憶/服部訓和
 --大江健三郎「空の怪物アグイー」とテクノロジー--

〈学生レポート〉
読まれたものとしての韻律/谷口一平
 --人麻呂長歌について--
粟国と大宜都比売/岩崎なつみ
--伊予之二名島から見る大宜都比売--

〈書評〉
小久保崇明著『大鏡の注釈 ところどころ』/桜井宏徳


●グーグル提供広告