« 第89回「書物・出版と社会変容」研究会(2014年5月10日(土)、一橋大学佐野書院(国立市、一橋大学南隣)) | メイン | 『国語と国文学』平成26年5月特集号(広告掲載) »

2014年4月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●NHKラジオ第2 私の日本語辞典「能をささえることば」出演:西野春雄氏(2014年5月3日(土)、〜全5回)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

http://www.nhk.or.jp/r2bunka/nihon/index.html

2014年5月の放送予定

テーマ:能をささえることば
出演 :西野 春雄(法政大学名誉教授)

法政大学名誉教授の西野春雄さんは、中世日本文学、特に能楽の研究の第一人者として知られている。室町時代、能を大成した世阿弥は、『高砂』や『敦盛』、『井筒』などの優れた能を制作すると同時に、数多くの優れた芸術論も残している。『風姿花伝』や『花鏡』、『拾玉得花』などに書かれた言葉から世阿弥が伝えたかったものは何か、能を支える"ことば"から見えてくる世阿弥の理論について考察するとともに、世界最古の仮面劇のひとつ、「能」を言葉の側面から楽しむ。

放送は5回。
聞き手:NHK放送研修センター日本語センター 秋山和平アナウンサー

*西野さんが「能楽」研究を始めることになったきっかけについて
*詩と劇と音楽の融合である「能」の「詩」の部分から読み取れるものは何か
*世阿弥の芸術論に書かれた言葉からその意味を探る
 ・「まことの花をさかせよう」
 ・「心で見て、心で考える」
 ・「秘すれば花」
*西野さんが考える「能」における言葉の役割、重要性について
*現代能楽における言葉の使い方と伝統能楽での言葉の使い方の違い

放送日 再放送日 内容
5/3  5/10 能をささえることば(1)
5/10 5/17 能をささえることば(2)
5/17 5/24 能をささえることば(3)
5/24 5/31 能をささえることば(4)
5/31 6/7 能をささえることば(5)


●グーグル提供広告