« 東海近世文学会4月例会(第244回)(平成26年4月12日(土)、熱田神宮文化殿2階会議室) | メイン | 藤枝市郷土博物館・文学館企画展「小川国夫『彼の故郷』から40年」「小川国夫と美術」(2014年4月13日(日)~7月13日(日)) »

2014年4月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●「文学と教育 NO.218-219」2014合併号(こうち書房発行)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

文学教育研究者集団さまよりいただきました。

kikansi218-219.jpg

「文学と教育」第218-219号

発行日 2014年3月29日
定価 700円+税
発行 こうち書房

●公式サイトはこちらから

【目次】

◆第62回文教研全国集会の記録◆

〇基調報告 Ⅰ
 井上ひさしと森鷗外 ..................佐藤嗣男
〇ゼミナール
 井上ひさし「夢の裂け目」 ..................文責 椎名伸子
〇ゼミナール
 森鷗外「高瀬舟」 ..................文責 夏目武子

□2012秋季集会ゼミナール
 森鷗外「最後の一句」を読む.................. 文責 橋本伸弥
□井上ひさし「父と暮せば」をめぐって(下).................. 井筒 満
□2013年広島教育基礎講座を終えて
 松尾芭蕉「おくのほそ道」への旅..................荒川由美子


●グーグル提供広告