『二松学舎大学人文論叢』第92輯

五月女肇志氏よりいただきました。
nishoronso92.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.nishogakusha.jp/jinbungakkai/05.html
『二松学舎大学人文論叢』第92輯
2014年10月・A5判・224ページ
二松学舎大学人文学会発行
【目次】
〈論文〉
中古仮名文学における馬寮官人「うまのかみ」等の解釈について/藤田拓海
 –「馬」と「右馬」の表記をめぐって–
『新撰遊覚往来』に見る増補について–諸本の比較を通して–/具 香
俳人小河原雨塘研究/矢羽勝幸
『病牀六尺』第四十六回の研究–靖国神社庭園をめぐって–/乙幡英剛
玉井五一氏に聞く–戦後の文学芸術運動をめぐって 二–
 付『海燕』・『文学学校』総目次
 /話し手:玉井五一 聴き手:坂堅太・橋本あゆみ・山口直孝
森村泰昌の『独裁者を笑え』におけるパロディの意図/塙幸枝
メディア・テクノロジーが陶冶する想像力の現在/松本健太郎
 –「予めの論理」と「象徴の貧困」–
〈私の研究〉
村井古巌/稲田篤信