« 岩瀬文庫・講演、湯谷祐三氏「板倉重矩の知られざる出版活動」(2014年5月17日(土) 、地階 研修ホール) | メイン | シンポジウム「和漢三才図会」【「熊楠をもっと知ろう!」シリーズ第27回 】【小峯和明氏、マティアス・ハイエク氏、鈴木広光氏】(2014年4月29日(火・祝)、南方熊楠顕彰館) »

2014年4月28日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●射水市新湊博物館、高樹文庫「石黒信由関係資料」80点余を先行ネット公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【高樹文庫は、射水郡高木村(現射水市)に生まれた石黒信由以下4代による和算、西洋数学、測量術、 絵図作製、天文・暦学などに関する江戸時代後期の資料群です。全12,000点余の資料のうち、3,764点の 測量術と絵図作製に関連する資料が「石黒信由関係資料」として国指定重要文化財に指定されています。
 絵図資料は、加越能三州(現在の富山県・石川県)の広域図をはじめ、郡図、検地図、新開工事のための 現地測量図など多彩で、昔日の姿を知ることができます。

 平成27年3月から、絵図・測量の記録、測量器具など約600点の高精細デジタル画像についてを閲覧することが 可能になり、これまで不可能だった大型絵図の間近での閲覧や、お望みの資料をご自分で自由に検索いただける ようになります。

 今回、皆様に少しでも早く、素晴らしい成果に触れていただくため、平成26年4月27日から、80点余を先行公開する こととしました。
 会員登録、閲覧費用は一切不要です。また、特別なプラグインのインストールもありません。どなたでもお気軽に ご覧ください。】

とのことです。

詳細は以下より。
●『射水市新湊博物館「高樹文庫」』 検索・閲覧
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/1621115100

●参考
重文をネット公開 古地図など 射水・新湊博物館(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20140428/CK2014042802000034.html


●グーグル提供広告