« 吉備路文学館 特別展(1階展示室)「山本遺太郎 坂本明子 吉田研一 詩人3人展」・企画展(2階展示室)「吉備路の文学者によるエッセイ7人展」(2014年4月1日(火)~6月29日(日)) | メイン | 『学芸古典文学』第七号(東京学芸大学国語科古典文学研究室) »

2014年3月28日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●河添房江『唐物の文化史―― 舶来品からみた日本 ―― 』(岩波新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

河添房江氏よりいただきました。

00-431477-6.jpg

●公式サイトはこちら
https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch

唐物の文化史
―― 舶来品からみた日本 ――
河添 房江

■新赤版 1477
■体裁=新書判・並製・258頁
■定価(本体 880円 + 税)
■2014年3月20日
■ISBN978-4-00-431477-6 C0221
正倉院の宝物,艶やかな織物や毛皮,香料,楽器,書,薬,さらには茶や茶器,珍獣まで.......この国の文化は古来,異国からの舶来品,すなわち「唐物」を受け入れ吸収することで発展してきた.各時代のキーパーソンとの関係を軸に,唐物というモノを通じて日本文化の変遷を追う,野心的な試み.【カラー口絵8頁】


●グーグル提供広告