« 日本近代文学館 2014年度 春の企画展「青春の詩歌/川端康成の四季と死の美学」(2014年4月5日(土)〜6月14日(土)) | メイン | 和歌文学会5月例会(2014年5月17日(土)、東京大学 本郷キャンパス 山上会館) »

2014年3月31日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センター『JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 特集:日本/アジア/日本』第5号(笠間書院・発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

4月上旬の刊行予定です。

00295_k.jpg

名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センター
『JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 特集:日本/アジア/日本』第5号
ISBN978-4-305-00295-2 C0095
定価:本体1,800円(税別)
B5判・並製・200頁

**
名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センターが刊行する機関誌、『JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究』第5号を委託販売いたします。

●名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センター・公式サイトはこちら
http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/overview/attachment/jacrc/

JunCture(ジャンクチャー)、第5号の特集は「日本/アジア/日本」です。
「国境」とは何か。前近代に国境はなく、統一的な権力による人為的な線引きが、人々の自由を封じ込め、近代の「国民国家」を準備してきたと理解されてきた。がしかし、虚心にそれを眺めると、「国境未満」の境界線を前近代に見いだすことも出来るし、近代以後につながり/つながらない「日本」の存在が指摘できそうである。
そこで本書は「アジア」を介して「日本」を眺め返していく。近隣の異域・異国から出発し、さらにその先へ思考の幅を広げていこうと試みる。

**
JunCtureというタイトルには、日本文化を、学際的かつ国際的な研究課題の結節点(juncture)として捉えようという意味合いが込められています。
学問のグローバル化という現代的な課題に対応するために、何をどう発信していくのか。一国主義的・自国中心的な意識や方法をいかに克服していくか。それらに具体的に取り組んでいく、実践の書です。

----------

[本書の販売方法]

全国の書店でご注文頂けます。
また、以下のサイトで予約・購入可能です。
版元ドットコム●JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 第5号

http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00295-2.html

または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

●バックナンバー

●JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 第1号
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00291-4.html
●JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 第2号
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00292-1.html
●JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 第3号
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00293-8.html
●JunCture(ジャンクチャー) 超域的日本文化研究 第4号
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00294-5.html

----------

●目次PDF(英文目次も含む)
http://kasamashoin.jp/shoten/JC05contents.pdf

【目次】
幸村真佐男《People Gazing》2013

特集:日本/アジア/日本

●東宝・キャセイの「 香港三部作 」とアメリカの影
北村洋

●境界面としての倭館─『 通譯酬酌 』の 「 風儀之部 」・「 酒禮之部 」・「 飮食之部 」 を中心に─
許芝銀

●梅荘顕常と朝鮮
池内敏

研究論文

●夏目漱石とチャールズ・サンダース・パース──暗示の法則とは何か──
佐藤深雪

●金達寿「 八・一五以後 」における「 異郷 」の空間表象
逆井聡人

●戦時下の映画脚本の懸賞と動員──第 1 回「 国民映画脚本募集 」と小糸のぶをめぐって
溝渕久美子

●彩られた空間──田村俊子「 生血 」の視覚世界──
王勝群

●川端康成と綴方──戦時中の帝国主義とつながる回路
魏晨

●「市民」と映画のネットワーク──3.11後の原発をめぐる社会運動の中で
藤木秀朗

●モダニズムのなかの〈 和歌歌曲 〉── 山田耕筰、ストラヴィンスキーそのほか
坪井秀人

レヴュー

●記憶とは時間という織物にできた皺である。
『フィオナ・タン|エリプシス』展 金沢 2 1 世紀美術館
馬場伸彦

●辺境からFrontierへ
── The Frontier Within: Essays by Abe Kōbō 書評
鳥羽耕史

●メディアミックスの理論と歴史
──マーク・スタインバーグ『 アニメのメディアミックス──フランチャイズ化する日本の おもちゃとキャラクター』書評
村上暁

●「フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展 」を観て
中川智寛

●「自分史」:新しい時代の幕開け 「自分史フェスティバル2013」江戸東京博物館、2013年8月7日
釋七月子

●退屈な「 大海原 」の岸辺で
──幸村真佐男「People Gazing」と「大幸村展プロジェクト」
茂登山清文

○英文要旨
○JACRCについて
○事業報告(2013年3月−2014年1月)
○著者紹介
○原稿募集+投稿規定
○バックナンバー
○編集後記


●グーグル提供広告