國學院大學大学院 文学研究科論集 第41号

國學院大學大学院文学研究科学生会さまよりいただきました。
0287-4725-41.jpg
國學院大學大学院 文学研究科論集 第41号
A5判・並製・140頁、付英文タイトル
2014年3月発行
編集●國學院大學大学院文学研究科論集編集委員会
発行●國學院大學大学院文学研究科学生会
【目次】
『源氏物語』明石の入道の代作の手紙/神原勇介
 –文通始発時における役割をめぐって–
『紫式部日記』における紫式部と漢詩文教養との関わり/佐藤有貴
 –〈誦す〉行為者を手がかりに–
中島敦研究の課題–懊悩する自我と同時代への眼差し–/三浦穂高
横光利一「上海」研究–〈身体〉表象を中心に–/大内拓人
横光利一「紋章」における「偶然性」の考察/平幸治
 –物語展開に焦点を当てて–
樋口一葉作品の教科書採録状況/小松訓子
 –戦後の高等学校国語科教科書より–
村上春樹『七番目の男』–教材としての『七番目の男』–/弘間史之
近代文法学史における受身と状態性/岡田誠
 –山田文法を中心に–
中国語母語話者に対する日本語自・他動詞の指導に関する一考察/賈筱玥