吾輩の父は直克(なおよし)である!? 通説覆す資料見つかる(産経新聞)

【文豪・夏目漱石の実父、直克(1817~97年)の名前について、「なおかつ」と読んできた従来の通説を覆し、「なおよし」と読むことを示す資料が発見された。専門家は「無視できない資料で、今後は併記が必要」と評価する。これまで膨大な研究がなされてきた国民的作家について、父の名前という基本的事実への新説には注目が集まりそうだ。】(2014.2.6、産経新聞)
●続きはこちら
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140206/art14020608280002-n1.htm
関連記事
●日本文学・文化学類の仁平教授によって、夏目漱石の父の名が「直克(なおよし)」であるという根拠資料が発見されました(2014/02/24、和洋女子大学)
http://www.wayo.ac.jp/topics/2014-0224-0934-33.html