« 佐川美術館・『東海道名所膝栗毛画帖』 弥次喜多珍道中展(2014年02月28日(金)~2014年03月30日(日)) | メイン | 鎌倉文学館 文学講演会「脚本家 小津安二郎」講師:平田オリザ氏(平成26年4月6日(日)、鎌倉商工会議所ホール※要申込) »

2014年2月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●草双紙、未知の21冊 九大チームがハワイで発見(西日本新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【九州大学を中心とした学術調査団(団長・松原孝俊九大大学院教授)が米ハワイのホノルル美術館所蔵の和本を調査し、専門家に存在すら知られていない貴重な絵入りの娯楽本、草双紙(くさぞうし)21冊を確認した。江戸中期(18世紀半ばから末)の「黒本・青本」と呼ばれる大衆向けの本で、読み捨てられることが多かったジャンル。まとまって見つかるのは極めてまれといい、江戸庶民文化の裾野の広がりを知る上でも貴重な資料だ。】
つづきはこちらから。西日本新聞。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/71173

※木村八重子さんコメントあり。


●グーグル提供広告