« 鈴木道代著『大伴家持と中国文学』(笠間書院) | メイン | 平成25年度国立能楽特別講座 シンポジウム『能面と面袋』-面袋から探る能面の伝来-(平成26年3月5日(水)※要申込) »

2014年2月12日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●荒木 浩『かくして『源氏物語』が誕生する 物語が流動する現場にどう立ち会うか』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

3月上旬の刊行予定です。

70727_k.jpg

荒木 浩
『かくして『源氏物語』が誕生する 物語が流動する現場にどう立ち会うか』
ISBN978-4-305-70727-7 C0095
A5判・上製・カバー装・408頁
定価:本体3,900円(税別)

『源氏物語』。それは、日本の文学が遭遇した、画期的かつ最大級の文学史上の一コマであった。『源氏物語』という驚嘆すべき新しい創造の試みは、いかになされたのか。
本書は、寓意や准拠といった観点を軸に、史書、説話、漢詩文、仏典など、様々な外部テクストを本文と対比して、作品世界に分け入り、中世的視界から『源氏物語』の内部世界を照射し、その内実を明らかにする。刺激に満ち溢れる『源氏物語』論。

【テクストに翻弄された中世以前の読者は、本文とのインタラクティブを、すべて作者の手の中に帰着して、解消する。伝承に依拠して出発し、匿名の語り手を装う物語において、本質的な意味で、ここにはじめて〈作者〉が誕生する。読者もまた、生まれ変わらずにはいられない。まるで経典に対するように、本文に注釈を施したり、作者は何が言いたいのかと、問いかけたりするのである。挙げ句の果てに、ストーリーテラーの罪を背負って苦しみ、源氏供養を求める亡者「紫式部」までも仮構する...。作者、語り手、読者。今日ではあたりまえの構造認定が、こうして自然に達成される。】...はじめにより

-----------
■著者紹介

荒木 浩(あらき・ひろし)Araki Hiroshi

1959年生まれ。京都大学文学部卒、同大学院文学研究科博士後期課程中退。博士(文学)。大阪大学教授などを経て、現在、国際日本文化研究センター教授・総合研究大学院大学教授。
専門分野:日本古典文学。
主要著書:『説話集の構想と意匠 今昔物語集の成立と前後』(勉誠出版、2012年)、『日本文学 二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ』(大阪大学出版会、2007年)、新日本古典文学大系41『古事談 続古事談』(岩波書店、川端善明と共著、2005年)など。
-----------
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70727-7.html
または、直接小社まで、メールでinfo@kasamashoin.co.jpご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】

はじめに 源氏物語論へのいざない

第一章 玄宗・楊貴妃・安禄山と桐壺帝・藤壺・光源氏の寓意
 はじめに
 1 信西「長恨歌絵」の寓意
 2 帝王の寵愛―安禄山と信頼と
 3 安禄山・楊貴妃密通説の発生と白居易『胡旋女』
 4 『長恨歌』の前提と「新楽府」的楊貴妃―『源氏物語』へ
 5 二人の楊貴妃と『源氏物語』創造
 6 安禄山・楊貴妃と光源氏・藤壺の対応
 おわりに―まとめと展望

第二章 武恵妃と桐壺更衣、楊貴妃と藤壺―桐壺巻の准拠と構想
 はじめに
 1 『源氏物語』と白河院・後鳥羽院
 2 『源氏物語』に依拠して描かれる史実と『長恨歌』の関係
 3 桐壺巻准拠の重層性
 4 藤壺の准拠としての楊貴妃―父と子と
 5 〈貴妃〉と〈妃〉と―楊貴妃と藤壺
 6 准拠の仕組みと構想―おわりにかえて

第三章 〈北山のなにがし寺〉再読―若紫巻をめぐって

 1 問題の所在―北山への旅
 2 研究史概観
 3 角田文衛の大雲寺説
 4 大北山・西園寺あたりを指すとする説その1
 5 大北山・西園寺あたりを指すとする説その2―公季説話の周辺
 6 通底するもの―拭いがたい鞍馬寺の像
 7 新出『鞍馬縁起』と鞍馬寺像の再構築
 8 鞍馬寺の『縁起』再読と「北山」
 9 いくつかの問題と角田説再考―おわりにかえて

第四章 胡旋女の寓意―紅葉賀の青海波

 1 問題の所在―楊貴妃・安禄山密通説と『源氏物語』
 2 『胡旋女』をめぐって
 3 『源氏物語』の音楽と交情
 4 紅葉賀の青海波演舞とその底意
 5 青海波のコンテクスト
 6 物語の外側へ―史実化する『源氏物語』青海波

第五章 胡旋舞の表象―光源氏と清盛と

 1 『政範集』と「新楽府」そして『源氏物語』
 2 『胡旋女』と「廻雪」・「雪をめぐらす」の周辺
 3 「廻雪」の典拠
 4 『胡旋女』の寓意と青海波
 5 『胡旋女』から彷彿する青海波の形象
 6 清盛と光源氏の重なりと両義性

第六章 〈非在〉する仏伝―光源氏物語の構造
 1 桐壺巻の予言
 2 予言の「三国」的仕組み―高麗人をめぐって
 3 『源氏物語』の内なる仏伝
 4 仏伝の予言と文脈
 5 予言に続く仏伝の要素と『源氏物語』の類似点
 6 釈迦の多妻(polygamy)伝承と三時殿
 7 四方四季と六条院
 8 仏陀の反転としての光源氏
 9 光源氏物語とその後―不在の人

第七章 宇治八の宮再読―敦実親王准拠説とその意義
 1 宇治八の宮という呼称
 2 『源氏物語』本文と「八の宮」呼称出現箇所の問題―敦実親王准拠説へ
 3 「八の宮」の准拠説について
 4 八の宮と音楽および宇治
 5 八の宮をめぐる出家と栄達
 6 敦実親王と皇位継承への思い
 7 『源氏物語』という創作へ

第八章 源信の母、姉、妹―〈横川のなにがし僧都〉をめぐって

 1 なにがし僧都の登場と恵心僧都源信
 2 二つの准拠―源信の母と妹
 3 安養尼説話と『源氏物語』
 4 源信の姉と妹―安養尼蘇生説話の起源
 5 源信伝の仕組みと安養尼という収斂
 6 初期源信伝の推移と母の役割
 7 僧伝と母―『源氏物語』の結構

  あとがき―「圏外の源氏物語論」始末記
  初出一覧
  凡例にかえて


●グーグル提供広告