三田國文第五十八号(平成25年12月号、三田國文の会)

三田國文の会さまよりいただきました。
mita58.jpg
●三田國文の会 公式ブログ
A5・並製・90ページ
一般頒価・750円
【目次】
・中世歌学書生成の一様相
 –南北朝期歌学書『或秘書之抄出』を材に–/舘野文昭
・反転する吉原の価値
 –泉鏡花「恋女房」における「人」と「魔もの」–/鈴木彩
・漱石における「間隔的幻惑」の論理
 –『文学論』を精読し『野分』に及ぶ–/服部徹也
・〈関係〉が紡ぐテクスト
 –宮沢賢治「土神ときつね」論–/村山龍
・陽明文庫蔵「道書類」の紹介(十四)/恋田知子
 –『星の事』翻刻・略解題–
・『家熈公御書翰』略解題・翻刻(下)/緑川明憲
〈連絡先〉
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学国文学研究室
電話 03-3453-4511