黒塗りせず「昭和天皇実録」公刊へ…宮内庁方針(読売新聞)

【宮内庁が24年がかりで編修作業を進めている昭和天皇の生涯の動静を記録した「昭和天皇実録」が今春にも完成し、新年度から順次、公刊される見通しとなった。
戦前から戦中、戦後の激動期を含めた昭和天皇の初の包括的公式記録で、一部を消す「黒塗り」はしない。新資料も含まれ、昭和史研究の基礎資料として専門家が注目するだけでなく一般にも高い関心を呼びそうだ。】
つづきはこちらから。読売新聞。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140101-OYT1T00225.htm