« 紫式部学会 機関誌『むらさき』既刊号を贈呈(5名・応募締切1月25日(土)必着) | メイン | 国立公文書館が「国立公文書館デジタルアーカイブ」に関するアンケートを実施中 »

2014年1月 8日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●NHKラジオ第二・カルチャーラジオ、藤原茂樹(慶應大学教授)「藤原流万葉集の歩き方」スタート(2014年1月~3月)全12回。金曜日20:30-21:00。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

NHKラジオ第二・カルチャーラジオ、藤原茂樹(慶應大学教授)「藤原流万葉集の歩き方」スタート(2014年1月~3月)全12回。金曜日20:30-21:00。再放送土曜日10:00-10:30。

公式サイトはこちら。
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch05/index.html

【万葉集は奈良時代半ばに編まれた日本最初の和歌集だが、万葉仮名で書かれていることをみても、 漢字を取り入れながらも日本人が日本の心を自分たちの言葉であらわそうとした最初の書物です。日本文学上 の第一級の史料であることは勿論のこと、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人 の出身地も記録されていることから、当時の日本各地の風土のありようや人の暮らしまでを知ることができる点 が、非常に重要だといわれています。その意味で、植物や動物など、人に関わるさまざまな事物の記録として 読むと、いっそう興味深いものがあります。
藤原さんは民俗学的なアプローチでわかり易い万葉体験の世界を切り開いた第一人者で、『万葉集は多様な 人々のときどきの情感が豊かに込められている歌集。私たちの先祖である、万葉びとの様々な心のありかたを、わかりやすい素直なかたちで届けられるように、こころがけています。』 と語る藤原教授に、親しみ易い万葉集の鑑賞をガイドしていただきます。 】


●グーグル提供広告