« 埼玉東萌短期大学 非常勤講師の公募(文学の分野)(2014年01月15日から 2014年01月24日まで 終了日に応募書類必着。 ) | メイン | 第253回 大阪大学古代中世文学研究会(2014月1月25日(土)、文学部本棟2F 大会議室) »

2014年1月15日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●福島幸宏氏「京都府立総合資料館の取り組み 京都-日本のデジタルアーカイブのハブを目指して」(AMeeT 京都から世界へ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

リポート笠間55号にご寄稿いただいた福島幸宏氏による「京都府立総合資料館の取り組み 京都-日本のデジタルアーカイブのハブを目指して」が、「AMeeT 京都から世界へ」のサイトに公開されています。

【日本各地にはまだまだ埋もれた文化資源(博物資料・古文書・古写真etc)が残されている。京都市左京区の京都市営地下鉄烏丸線 北山駅直近に所在する京都府立総合資料館では2016年の新館開設にあわせ、意図を持って「遺す」試みを行おうとしている。本稿ではその活動の一端を紹介する。】

○福島幸宏氏「京都府立総合資料館の取り組み 京都-日本のデジタルアーカイブのハブを目指して」(AMeeT 京都から世界へ)
http://www.ameet.jp/digital-archives/digital-archives_20140114/


●グーグル提供広告