『はなとゆめ』刊行記念、冲方丁さん×山本淳子教授(平安文学研究家)の対談youtube動画(株式会社KADOKAWA)

【2013年11月1日、冲方丁さん最新歴史小説『はなとゆめ』刊行を記念して、京都にて書店員懇親会&トークショーを開催しました。その際の、冲方さんと山本淳子教授(京都学園大学)のふたりによる対談の模様をyoutube「角川書店ブックチャンネル」で公開中です。
『はなとゆめ』は「枕草子」の作者・清少納言の生涯を描いた歴史小説です。
清少納言はなぜ「枕草子」を書くに至ったのか。そこには、自らの才能を開かせてくれた主・中宮定子との、主従を超えた物語があった――。
『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』でサントリー学芸賞を受賞された平安文学研究家・山本教授から「これ(『はなとゆめ』)で清少納言も中宮定子も浮かばれると思います」との絶賛のお言葉を頂いています。
冲方さんが『はなとゆめ』を書いたきっかけ、山本教授から見た本作の魅力、「枕草子」が一千年読み継がれてきた理由……など、多岐にわたっておふたりに語らって頂いた対談をこの機会にぜひご覧下さい。】
詳細は以下より。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000407.000007006.html