文楽、1月公演が正念場 入場9割届かぬと補助金カット(朝日新聞)

【ユネスコの無形文化遺産に登録されている大阪発祥の人形浄瑠璃文楽が、大阪市の補助金見直し問題で揺れに揺れてから1年余り。今年度は、国立文楽劇場(大阪市)の公演で、一定の入場者数に達しない場合に補助金を減らすという「高いハードル」が設けられた。見通しは非常に厳しく、来年1月公演が正念場となるのは必至だ。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/ASF0OSK201312250053.html