« 国立国語研究所 理論・構造研究系 プロジェクト成果合同発表会「レキシコン・フェスタ」(平成26年2月1日(土)) | メイン | 紫式部学会編輯「むらさき」第50輯(武蔵野書院) »

2013年12月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●稲賀繁美『絵画の臨界 近代東アジア美術史の桎梏と命運』(名古屋大学出版会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

稲賀繁美氏よりいただきました。

978-4-8158-0749-8.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0749-8.html

絵画の臨界
近代東アジア美術史の桎梏と命運
稲賀繁美 著

価格 9,500円
判型 A5判・上製
ページ数 786頁
刊行年月日 2014年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0749-8
Cコード C3071

書籍の内容

「海賊史観」 による世界美術史に向けて----。近代以降の地政学的変動のなかで、絵画はいかなる役割を背負い、どのような運命に翻弄されてきたのか。浮世絵から極東モダニズム、植民地藝術、現代美術まで、「日本美術」 「東洋美術」 の揺れ動く輪郭を歴史的に見据えつつ、国境を跨ぐイメージと文化の相互作用を、その接触の臨界に立って考察する。
『絵画の黄昏』、『絵画の東方』 に続く三部作の最終巻。


●グーグル提供広告