観世能楽堂、銀座に移転へ 老朽化で松坂屋跡地ビルに(朝日新聞)

【【西本ゆか】能楽の最大流派、観世流の中核団体「観世会」(理事長・観世清和=観世流二十六世宗家)が、東京都渋谷区松濤の「観世能楽堂」を売却し、中央区銀座の松坂屋銀座店跡地を中心とする再開発地区に建設中の複合ビル内へ移転することが17日、わかった。ビルは2016年8月末に完成予定で、能楽堂は秋に地階に開場する見込み。】
つづきはこちら。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312170082.html