法大次期総長 東京六大学で初の女性 田中優子さん(産経新聞)

【 ■「国際化…たくましい人材輩出したい」
 東京六大学で初となる女性のトップとして4日、法政大学の次期総長への就任が決まった。「責任の重さを感じる。教職員や学生の声を聞き、開かれた大学にしたい」と力強く抱負を語る。政府が「女性の活躍」を掲げる中で、大学改革の手腕に期待がかかる。
 神奈川県出身。法政大文学部から同大大学院へ進み、江戸文化の研究を始めた。法政を選んだのは「常識にとらわれない研究者が多い印象があったから」。博士課程を終えると、大学に残り専任講師に。寝食を忘れるぐらい研究にのめり込んだ。】
つづきはこちらから。産経新聞。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131206/edc13120609270000-n1.htm