« 第10回レファレンス協同データベース事業フォーラム「教育と図書館の未来―レファレンス協同データベースと生み出す力」(平成26年2月17日(月)、国立国会図書館 関西館 大会議室・要申込み) | メイン | 式年遷宮記念 せんぐう館・企画展示「~皆おしあひぬ、御遷宮~」(平成25年12月25日(水)~平成26年3月24日(月)) »

2013年12月26日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信(NHKニュース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」が提供する日本語の入力ソフトが、パソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信していたことが分かりました。
セキュリティー会社は、機密情報が漏えいするおそれもあるとして、利用には注意が必要だと指摘しています。】
つづきはこちらから。NHKニュース。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131226/k10014117561000.html


●グーグル提供広告