« 慶應義塾大学日吉キャンパス特別講座「出版文化史の東西」 (全3回)【2013年12月21日(土)徳永聡子、林望・高宮利行、2014年1月11日(土)津田眞弓、原田範行、1月18日(土)折井善果、佐々木孝浩】(有料各回2,000円) | メイン | 名古屋大学[比較人文学先端研究特別演習]公開研究集会「書物の王国」(2013年12月21日岩瀬文庫、12月22-23日名古屋大学文系総合館7F) »

2013年12月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●第18回読売出版広告賞、笠間書院が特別賞を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

「出版広告の活性化を目指して創設され、今年で第18回となる「読売出版広告賞」」。弊社が、朝刊1面の3段8割広告を対象とした特別賞を受賞いたしました。贈賞式は来年1月22日に都内で行われるようです。

●読売出版広告賞、大賞に小学館「日本美術全集」(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131212-OYT1T00864.htm

●読売新聞の出版広告賞
http://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/kksyo/kksyo.php

18tokubetsu.jpg

笠間書院 編集部/岡田圭介制作

【▼ 中森陽三 選評

 伝えたい情報を絞りに絞り簡潔に、紙面は大胆に空白を生かし目立たせ効果を上げる表現が主流の白い紙面、とは全く逆の発想の黒い紙面で目立つ広告に勇気ある挑戦をしたのが笠間書院。隅から隅まで無駄、無理なく整然と情報を満載、蟻の入る隙もない見事な構成。日本の歌の歴史に残る伝統の歌人から前衛の歌人まで大きな足跡を残した名は明朝体、タイトルはゴシックと活字を吟味し、大小強弱をつけて徹底して細部にまでこだわった黒い紙面は、白か黒かの審査では異色の黒の勝利に。全60冊という空前絶後の選集が凝縮された豊潤で密度の高い広告で読者を歌の世界へと誘うことになる。】

■2014.1.22授賞式当日の写真

20140122.JPG


●グーグル提供広告