« 奈良教育大学、明日香の魅力発見・ESDウォーキングⅢ 万葉集でめぐる秋の明日香【井上さやか 氏講演含】(2013年11月24日(日)実施/11月20日(水)までに要申込) | メイン | 日本図書館研究会第302回研究例会「若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ」【崎山直樹、菊池信彦の各氏】(2014年1月25日(土)、キャンパスプラザ京都 第1会議室) »

2013年11月 5日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●NHK総合・2013年11月5日(火)放送「知られざる"同胞監視" ~発見・GHQ秘密機関と日本人検閲官の記録 ~」【出演者・春名 幹男氏(早稲田大学大学院客員教授)】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/

-----

●番組の内容の大筋をこちらで読むことが出来ます。
 ページの一番下に動画(15分)もあり。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3425_all.html

-----

NPO法人インテリジェンス研究所と早稲田大学20世紀メディア研究所が全面協力したもののようです。

【世界中で、政府の要人や市民の電話盗聴を行っていた疑惑が連日報じられているアメリカ。およそ70年前、終戦直後に大規模な電話盗聴や郵便検閲を、日本でも行っていた
事実を伝える資料が、今年、憲政資料館で見つかった。第二次大戦後、連合国軍総司令部(GHQ)の秘密機関が、多くの日本人を使って、全国を行き交う手紙を秘密裏に開封し調べていた実態と、その作業を担っていた日本人4000人の名簿が、早稲田大学の調査で明らかになったのだ。GHQの秘密機関「CCD」(Civil Censorship Division)が、終戦直後から1949年まで、日本の世論、反米の思想や動き、占領政策の効果などを極秘に調査。GHQは徹底して事実を秘匿し、検閲に関わった多くの日本人たちも、"敵国"へ協力していた負い目から、そうした体験はほとんど語られず"同胞監視"の真相は闇に包まれてきた。今回取材班は、発見された名簿を元に当事者の証言を収集。見えてきたのは、アメリカの秘密機関による諜報活動の実像と、検閲を手がけた人たちの苦渋の決断、戦後70年近く背負ってきた苦悩だった。戦争の知られざる一面を紐解く。】


●グーグル提供広告