« 京都大学学術情報メディアセンターセミナー・樋口康一 教授(愛媛大学法文学部)「誤訳の物語ること」ほか(2013年12月17日(火曜日)、学術情報メディアセンター南館2階 202マルチメディア講義室) | メイン | 徳川美術館 企画展示「夢幻能―うつつと異界の境―」(2013年11月9日(土)~12月13日(金)) »

2013年11月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●逸翁美術館 2013秋季展第二部「茶の湯交遊録 小林一三と近代茶人たち」(2013年11月23日(土)~12月15日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.hankyu-bunka.or.jp/sys/info/article/60

--------------------

2013秋季展第二部「茶の湯交遊録 小林一三と近代茶人たち」
期間:2013年11月23日(土)~12月15日(日)

 本年、小林一三(逸翁)が生誕140周年を迎えたことにちなみ、茶人である逸翁について紹介してきました。
春季展では、逸翁が最も敬愛した茶人・松平不昧を、秋季展では第一部で、茶友松永安左エ門との交流をご覧にいれました。そこで秋季展第二部では、耳庵を除く他の近代茶人との交流を見ていきます。
 逸翁は生涯多くの茶会を開き、また参加しました。それらを通じて、様々な茶人との交流が生まれ、ゆかりのある作品などが逸翁の元に収まり、今日まで伝えられています。
 この度の展示では、茶友ゆかりの作品を中心に、逸翁と近代茶人たちの交流を紹介します。作品を通じて浮かび上がる逸翁の茶人としての姿をご覧ください。

■会 期 2013年11月23日(土)~12月15日(日)

■ギャラリートーク 11月30日(土)14時~ 担当学芸員による展示解説 

◆休館日 毎週月曜日
◆開館時間 10時~17時(入館受付は16時30分まで)
◆入館料 一般1,000円(小林一三記念館との共通券) 
 シニア(65歳以上)の方700円、大・高生600円、中・小生以下無料
 ※2013秋季展第Ⅰ部入館券の半券提示で500円にてご入館できます。
◆会期中の毎週土・日・祝日にお茶を呈します。(一服500円、受付は11時~15時)
◆主 催 公益財団法人阪急文化財団
※お問い合わせ 072-751-3865


●グーグル提供広告