三重大学附属図書館・企画展示「三重の風土と文学」(監修:人文学部・吉丸雄哉准教授)(平成25年10月29日(火)~11月26日(火))

学会情報です。
—————————————-
●公式サイトはこちら
http://www.mie-u.ac.jp/topics/events/2013/10/post-101.html
【三重大学附属図書館所蔵の貴重資料のうち、三重に関係するものを選び、石水博物館からお借りした貴重資料と合わせて、企画展示「三重の風土と文学」として公開いたします。
構成は「三重の風土と文学」・「伊勢神宮の遷宮と参詣」・「津の偉人」の三部から成り、三重の土地が地誌や文学作品にどのように描かれ、またどのような偉人がいるのかを知ることができる内容になっています。
是非、足をお運びください。】
展示期間: 平成25年10月29日(火)~11月26日(火)
場所:三重大学附属図書館
※展示目録等詳細はこちら
http://www.mie-u.ac.jp/topics/events/pdf/20131030_tosyokan.pdf

※石水博物館蔵・谷川士清自筆本『和訓栞』、谷川清逸写本『和訓栞』や、近年発見された、馬琴が自作読本を批評し、嫁お路が代筆した本の筆写本『著作堂旧作略自評摘要』が展示されます。