蒲生君平没後二百年祭 記念講演とシンポジウム(2013年11月10日、宇都宮市文化会館 ※要申込)・企画展(11月8日(土)~11月14日(木))

情報をいただきました。
講演会・シンポジウムは【現時点では20日申し込み締め切りですが、残席がある場合は、当日受付も検討中】とのこと。締切後は、お問い合わせください。

——————–
蒲生君平没後二百年祭
開催日時 2013年11月10日
13時00分~16時30分
開催場所 宇都宮市 宇都宮市文化会館
活動分野 社会教育、その他
内 容  1768年宇都宮で生まれ、学問で身を立てることを志し成人して山陵(天皇陵)の現地調査を行い、「山陵志」を著わしました。ロシア船が日本近郊に出没すると聞くや、海防書「不恤緯」が吉田松陰の松下村塾から出版され、また君平の念願であった山陵修補が宇都宮藩によりなされました。
 維新の大業に影響を与えたとして、明治天皇は君平のことを広く知らせるため勅旌碑を建立させました。
□■記念講演とシンポジウム■□
・記念講演
 演題:「蒲生君平の業績と寛政の三奇人」
 講師:阿部 邦男(文学博士・蒲生君平研究家)
・蒲生君平の歌披露・合唱
・シンポジウム
 <シンポジスト>
 若松 正志(京都産業大学教授 仙台市史・林子平子平担当委員)
 正田 敏正(高山彦九郎研究会会長)
 阿部 邦男 (文学博士・蒲生君平研究科)
 <コーディネーター>
 日野原 正(蒲生君平没後二百年祭記念実行委員会委員長)
申込期限・方法 申込締切:10月20日必着
申込方法:往復はがきの<往信>裏面に住所・氏名・年齢・電話番号を、<返信>宛名面に住所・氏名をご記入の上、
〒321-0151 宇都宮市西川田町1160-14 日野原正までご郵送ください。はがき1枚につき1名様。E-mailやFAXでのご応募も可。
主催者 蒲生君平没後二百年祭記念実行委員会
関連URL:http://koshii-c.sakura.ne.jp/image/img001.pdf
【お問合せ】委員長:日野原正 tel.028-645-3083
【お申込み】企画協力:いちご広告社 fax.028-627-3063 E-mail ichigo@wish.ocn.ne.jp
□■企画展(蒲生君平の志と水戸黄門)
期間:11月8日(土)~11月14日(木)
場所:宇都宮市文化会館
募集対象・人数等 定員:300名[先着だけ]
参加費等 無料