新古今、未知の一首発見 横浜・鶴見大が公開(日本経済新聞)【明日、10月5日(土)鶴見大学で、久保木秀夫・中川博夫の両氏による講演あり】

【鶴見大(横浜市鶴見区)が収蔵する、「断簡」と呼ばれる写本の切れ端を集めた「古筆手鑑」から、三大和歌集の一つで鎌倉時代初期に編さんされた「新古今和歌集」にいったん収録され、後に削除されたとみられる一首がこのほど見つかった。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0400D_U3A001C1CR0000/


●図書館新収資料『古筆手鑑』のお披露目展示と特別講演会(2013年10月5日(土))を行います(鶴見大学)
http://www.tsurumi-u.ac.jp/info/publish/131002.html